ジブリパークチケット付きホテルプラン11月残りわずか!! \価格を見る/

どんどこ森エリアに何がある?見どころ攻略方法・大人も楽しめるか検証!

ジブリパークのエリアの一つ「どんどこ森」。何やら聞いたことがありそうな名前ですが・・・そう「となりのトトロ」をイメージしたエリアです!しかし一体何があるのでしょうか?

どんどこ森は、従来から「サツキとメイの家」があり有名ですが、さらに「どんどこ堂」や「裏山」など「となりのトトロ」の世界観を忠実に再現した展示物ができるそう。

この記事ではジブリパークの「どんどこ森」はどんな場所なのか?見どころを具体的にご紹介します。

かつてサツキとメイの家には行ったことがある方も、改めて楽しめる内容となっていますよ!子供だけでなく大人も楽しめるエリアなのでぜひ抑えて楽しんでくださいね!

目次

どんどこ森には何がある?見どころ紹介

そもそも「どんどこ森」って何だ!?何があるの!?と謎な方も多いですよね。

ちなみに、サツキとメイがトトロからもらったどんぐりを植えて、発芽を願い踊っている(祈っている?)場面がありますが、あれを「どんどこ踊り」というそうです!

思わずどんどこ踊りをしたくなるどんどこ森エリア、詳しくチェックしてきましょう!

トトロのどんどこ堂

なんと高さ5.2mの超巨大トトロがどーんと立っています。木製遊具となっているようで、小学生が5人程度入れるようになっているとか。

大人には見ることができない子どもだけの秘密…まさにトトロそのものですね。こういうドキドキを体感させてくれるのがジブリらしくて良いという声も多いとか!

大人は入れませんが、SNS映えも間違いなしのスポットです

サツキとメイの家

「サツキとメイの家」は愛・地球博記念公園(モリコロパーク)時代からあるので、すでに行ったこともある方も多いですよね。

外から中までリアルに再現された本物の「サツキとメイの家」。以前こちらでもご紹介しましたが、家の中をじっくりと見て回ることができますよ!

サツキとメイたちの生活の中に入り込むことができる、体験型といったところでしょうか。

実際にお風呂やお台所、井戸などもあるので、映画のシーンをリアルに体感できます。

なんと引き出しや押し入れの中もチェックできますが、なんとタンスの中は季節によって衣替えされるんです。

草壁家の生活を感じながら探索しましょう!

かつての楽しみ方は、「家の周りを散策するグループ」と「家の中に上がるグループ」の二つに分かれ、それぞれが15分ずつ交代して見回るという流れでした。

ジブリパークオープン後はどのような形になるかは謎ですが、中は見れるのでぜひおさえたいスポットですね!

2階の階段をみつけるのもお楽しみ!

湿地(池)

サツキとメイの家の向かいには立派な池があります。

となりのトトロと池といえば、やはりあの片方だけ浮いたサンダルのシーン…初見ではサツキちゃんの気持ちと同じようにドキッとしたのではないでしょうか?

ただ、こちらはぜひカメラにおさめてもらいたいフォトスポットです。

池の水面に映るサツキとメイの家がエモい!

天候にもよりますが、鏡池のようにうまく写せばSNS映え間違いなしですね!

裏山(散策路)

ジブリパーク開園に向けて新たに作られた裏山は、先ほどご説明したどんどこ堂につながる散策路となっています。

木々が茂る山を登るなんて、普段の生活ではなかなか体験できないですよね。

そんなワクワクも感じさせてくれるのがジブリパーク!

こちらではスロープカーも整備されているので、ベビーカーや車いすでも安心して登ることができますよ。

小さなお子さまから大人まで愛され続ける作品だからこそ、様々な来場者にしっかり対応できている点も高評価です!

お社・社務所

お社と社務所は裏山の頂上に建設されているそうです。

アニメではトトロの住むクスノキのふもとに登場していますね。

久石譲さんの名曲「風のとおり道」が聞こえてきそうです。

お社はどんどこ堂と隣接しているのでしょうか?裏山がとても賑やかになりそうですね!

どんどこ森の楽しみ方・周り方・攻略方法

どんどこ森エリアは、「愛・地球博記念公園」が大切にしていた自然をそのまま活用されています。

そのためアニメのような田園風景ではなく、もともとあった湿地や木々を残して、トトロの世界観と融合させているよう。

「今あるもの」を大切にする気持ちは、ジブリ作品からもひしひしと伝わってくるものがありますよね!

そんな自然の中の「どんどこ森」からトトロたちを感じれると良いですね。

お次は大人向け、子供向け、別々に楽しみ方をご紹介!

大人向け楽しみ方

まずは「サツキとメイの家」をじっくり見て回りましょう!

あちらこちらに草壁家の生活を垣間見ることができますよ。草壁家の看板を見るのもお忘れなく♪

外装はもちろん、居間、お台所、お風呂などなど・・・どこもかしこも絵になるスポットだらけです。

お風呂や台所を見ながら、サツキちゃんがお母さんの代わりとなって一生懸命がんばった姿に思いを馳せるのもいいですね。

詳しくはこちらもご参考になさってくださいね♪

子供向け楽しみ方

トトロが大好き!

歩くのが大好き!

そんなお子さまにはどんどこ堂でおもいっきり遊ばせてあげるのがベストではないでしょうか。

どんどこ堂の巨大トトロは子どもたちしか入れないので、大人は入れないのか…!という優越感も得られるのでは?

大人としてはうらやましい限りです!

また、歩き始めの小さいお子さまにとっても最高に贅沢な散歩コースになるはずですよ。

サツキとメイの家での散策も「ここテレビで見たのと一緒~!」と大はしゃぎまちがいなしです。

ぜひサツキちゃんメイちゃんになりきってもらいましょう。

どんどこ森の写真・SNS映えスポット!

裏山へ続く散策路から頂上にたたずむ巨大トトロ!

ここを撮影するためだけでも裏山へ登る価値がありますね。

先ほどもお伝えしましたが、サツキとメイの家を池の前から写るようにポジション取りしましょう。

サツキとメイの家がうまく池に写りこめれば、よりSNS映え!

サツキとメイの家から少し離れて撮影することがポイントですよ!

どんどこ森エリアに何がある?見どころ紹介のまとめ

どんどこ森エリアでは、以前から大切に保存しつつ展示されてきたサツキとメイの家で草壁家の生活を体験できます。

また、裏山を登るとどんどこ堂やお社、社務所が出迎えてくれるようです!

巨大トトロには子どもたちしか入れないので、お子さま連れは要チェック。

となりのトトロのキャッチコピーは「このへんな生きものは日本にいるんです。たぶん。」

どんどこ森で見つけられるかも・・・しれませんね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる